子どもへの接種反対します
ホーム > 子どもへの接種反対します

子どもへの接種反対します

2022年02月27日(日)9:31 AM

 5~11歳へのワクチン接種、本当に必要でしょうか?テレビでは接種を促すCMやコメントばかり。しかしここ最近、自分で調べ始める方が増えたように感じております。子どもへの接種は親御さんや保護者の方の判断が必要になりますから。でも本来は国が「打つ、打たない」の判断がきちんとできるよう情報発信する責任があります。そして治験ワクチンに参加した国民に対して、きちんとした副反応報告も。この「副反応」という言葉にも最初からずっと違和感があります。39℃の発熱、3日間しんどくて動けない、心筋炎、不正出血、ゴルフボール大に腫れるリンパ、片側の聴力低下、頭が割れそうなほど痛む頭痛、接種してから3カ月経っても消えない腕の痺れ、蕁麻疹や体のかゆみ、脱毛、、などがありますが、これはもう「副作用」だと思うのですが。先に書いた内容は、当院の患者さんやそのご家族に起こったことの一部です。いつまで副反応という言葉でごまかすつもりなのでしょうか。国民の多くの方がウソや数字のトリックにも気づき始めていると思います。

 国民の命を守るためにワクチン接種と言っておられますが、実際はどうでしょうか。2/25付で厚生労働省から『人口動態統計速報(令和3年(2021)12月分』の公表がありました。添付します↓↓↓

 

 死亡者数は戦後最多です。戦争の次に死亡者数が増加するのは大きな災害があった時です。しかし2021年は3.11の東日本大震災のような災害は起こっていません(2021.3.9警視庁発表:死者数1万5899人)。異常な増加です。コロナ感染して亡くなった方は連日報道である人数です。また今は交通事故で亡くなっても、PCR検査して陽性が出たら死亡原因が「コロナ」とされるので、本当にコロナが原因で亡くなった方は実際の人数より少ないはずです。2021年にあったことといえば、ワクチン接種がありました。2回目接種もありました。ワクチンの影響があるのではないでしょうか。

 3回目接種、子どもへの接種、必要でしょうか?私には必要性がわかりません。4回目接種をしたイスラエル、3回目接種をした他の国々から学ぶべきことはないのでしょうか。打てば打つほど・・・だと思います。また今国内にあるワクチンは使用期限が延長され使用されていますが、治験中のワクチン、取り扱いの難しいワクチン、本当にこれで良いのでしょうか。この2年間、おかしなことだらけ、根拠のないことだらけです。私の目に映る今の日本は「とっても変」です。

 

 

不妊鍼灸 女性専門 堺筋本町 本町 予約制

大阪市中央区安土町2-4-5日本SBPビル201

山本のりこ鍼灸院

 



過去の記事